スポンサーリンク

CX-50(中国仕様)の一部詳細が公開されました

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの北米向け新世代SUV「CX-50」

中国仕様の一部詳細が公開されていました。

情報元:个人主页 – 微博

情報元は「微博」です。
こちらの長安マツダ公式アカウントが先日発表した「CX-50」の一部詳細を載せた画像を投稿していました。その画像に書いてある詳細をまとめると以下の通り。

  • 新色「ジルコンサンドメタリック」と「谧境蓝(セレニティブルー?)」を採用
  • 中国仕様ではリアラゲッジスペースが「55mm」拡大
  • 搭載エンジンは「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-G 2.5」
  • ギア比は中国仕様に最適化
  • 「パノラマサンルーフ」を採用

寸法は以下の通り。

中国仕様 カナダ仕様
(参考)
全長 4,785 mm 4,720 mm
全幅 1,920 mm 1,920 mm
全高 1,638 mm 1,648 mm
ホイールベース 2,815 mm 2,815 mm

ただ単に「CX-50(北米仕様)」を投入するわけではなく、中国市場向けにカスタマイズされた車両が販売されるようです。生産は「長安マツダ」が行うみたいですので、カスタマイズの幅は大きいのかもしれません。

注目なのが「セレニティブルー?(機械訳)」です。
画像を見る限りは「ディープクリスタルブルー」のように思えますが、北米では「インゴットブルー」が採用されていますので、インゴットブルーが中国市場にも投入されるのかもしれません。

また、エンジンは「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-G 2.5」を搭載するそうです。北米にはない「2.0Lガソリンエンジン」を搭載するということで、一体どんな乗り味なのかが気になりますねぇ。

かなり本格的な中国向けになっていました。
これは期待できそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました