スポンサーリンク

iPad(第9世代)を購入しました

デジタル
スポンサーリンク

本日発売開始した「iPad 第9世代」

さっそく届いたので開封してみたいと思います。

前回:さっそくヨドバシドットコムで「第9世代 iPad」が予約開始されたので予約しました

前回、Appleの新商品発表イベントが開催され、そこで発表された「iPad 第9世代」をすぐに予約しました。発売当日に手に入るか不安でしたが、何とか入手することが出来ました。

箱のデザインはこんな感じです。

第8世代と変わらないと思います。
Appleらしいシンプルなデザインでかっこいいですねぇ。

iPad本体以外の同梱物は以下の通り

・Lightning⇔USB-Cケーブル
・20W USB-C電源アダプタ

急速充電に対応している電源アダプタが手に入りました。
地味にこれが欲しかったんですが、ここ最近家電量販店などでは「入荷待ち」となっていたのでちょうどよかったです。ただ我が家はUSB-Cに対応していないのがネック。

今回は、iPad本体カラーは「黒」にしました。

裏側のグレーがとても渋くてかっこいい。
このiPadは作業用としてアームに固定して使う予定なので、目立たない色にしたかったんですよねぇ。

このiPadはとって薄くて持ちやすい。

iPhone 12miniのデザインはスクウェアになった影響で薄さは無くなりましたので、比較すると厚く見えますが、それぞれが持ちやすい形状になっていました。

一応、重量も計ってみます。

実重量で「492g」でした。
500gを切っていますのでとても軽い。
家の中で持ち運ぶのにはちょうど良いです。

そして、このiPad。
エントリーモデルですので「液晶ディスプレイ」が採用されています。なので、ディスプレイと本体枠の間に隙間が存在します。

有機ELディスプレイになれてしますと、少し違和感がありますねぇ。ただ、それでも十分すぎる画質なので特に問題はありません。

さっそく電源をONにして「設定」を開いてみました。

OSバージョンは「iPadOS 15.0」がインストールされていました。ただ、すぐに不具合修正のアップデートの通知も来ていました。

バックアップからの復元後にウィジェットがデフォルト設定に戻ってしまう可能性がある問題を修正するそうです。

iPadでの15.0を触るのは初めてですが、こうしてウィジェットを置くことができるんですねぇ。

天気アプリなどもデザインが刷新されていたりと、ますますMAC化されてきた印象です。

iPadOS 15.0でのブラウザはこんな感じ。

調べものするには最適なディスプレイサイズ。
ただ、タブがちょっと押しづらいのと思いました。ここらへんをもう少しカスタマイズできるようになれると嬉しいですねぇ。

以上です。
エントリーモデルということで4万弱という低価格。
それでいてこのスペックは非常にお買い得だと思いました。他のiPadシリーズはハイスペック高価格化が進んでいますので、こういったモデルがレアになってきましたねぇ。

これは購入して非常に満足でした。

タイトルとURLをコピーしました