スポンサーリンク

Windows 11への無償アップデートが「2022年10月5日以降は有償化される可能性がある」

デジタル
スポンサーリンク
- -- ---

Windows 10向けのWindows11無償アップデートの無償期間についてです。

情報元:Windows 11 無償アップグレード方法や条件を解説 – Microsoft for business

情報元は「Microsoft」です。
こちらには、Windows11 無償アップグレード方法についてが掲載されているんですが、その中のFAQで「早くアップグレードした方が良い?」と質問に以下の回答が書かれています。

いずれ Windows 11 になることは確実ですが、業務への支障や未知の不具合がないとは言いきれませんので、十分に検討してからアップグレードしましょう。
また、アップグレードしても 10 日間は元に戻せるので、まずアップグレードしてから検証してみるのもいいでしょう。ただし、2022 年 10 月 5 日以降はアップグレードが有料化される可能性もあるため、早めにアップグレードすることをお勧めします。

引用元:Windows 11 無償アップグレード方法や条件を解説 – Microsoft for business

2022年10月5日以降はアップデートが「有料化される可能性」があるとのことです。10月5日ってもう数週間後の話ですよねぇ。これはちょっと迷います。

個人的にWindows10の環境がとても安定しているのでアップグレードしくないのが正直なところですが、もし有償化になるのであったら無償のうちにWindows 11にしたいと考えています。

ただ、有償化にする際は事前告知はすると思いますので、そこまであわてる必要もないかもしれませんねぇ(告知されなかったらヤバいですが)

タイトルとURLをコピーしました