スポンサーリンク

2022 CX-5(通常)と現行CX-5のサイドを見比べてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

デザイン変更された2022年モデルと現行モデルのサイドデザインを見比べてみます。

前回:マツダオランダが「2022 CX-5」のカタログを公開、通常グレードの車両の姿もチラリ

前回、マツダオランダがカタログなどを公開しました。
そこで個人的に気になっていた通常モデルの「2022 CX-5」のデザインがサイドだけですが判明しました。

さっそく現行モデルと見比べてみます。

画像:MAZDA

ザっと見た感じで「違うなぁ」と思った場所に赤矢印を表示しました。

フロントを見ていくと、まずフロント下部の凹凸がかなり立体的になっています。かなりの空洞があるように見え、樹脂部分がかなりでっぱっていますねぇ。それと「シグネチャーウイング」の立体感が現行型より少なくなっているのもあるのか、現行モデルの「前のめり感」がなくなったようにも思えます。これだけでもかなり印象が違ってきますねぇ。

ドア下の「赤」も気になります。
これはこの画像の編集ミスなのか、それともワンポイントアクセントなのかどうかは実車を見てみないと分かりません。

最後にリアです。
2022年モデルではリア下部が形状変更されています。現行モデルよりも膨らんでいるのを見ると、全長が若干伸びたのはこれが理由なのかもしれません。

以上です。
フロントデザイン変更が衝撃的でしたが、他にも色々と変わっているみたいです。現行モデルのままここまで進化しているのは本当にすごいことですので、マツダの商品改良の凄さを実感できますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました