スポンサーリンク

2021年冬商品改良CX-5の「荷室フロアボード」が意外と便利だった話

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

2021年冬商品改良モデルが日本でも発表されましたが、個人的に良かった思う点が「荷室フロアボード」です。

情報元はYoutubeです。
マツダ公式アカウントが以下の動画を投稿しています。

2021年冬商品改良モデルの荷室では「前後・上段・下段」2段階の調整が可能となっています。

これは私も実車に体験したんですが、結構便利でした。フロアボードを格納する隙間もしっかりと用意されていたり、フロアボードを上段にすると開口部と同じ高さのフラット構造がとても使いやすそうと感じました。

フロアボード自体も結構軽いので、誰でも簡単にフロアボードを扱うことができると思います。特別仕様車「Field Journey」の場合、このフロアボードは裏面が「防水加工」となっており、裏返すだけでぬれた荷物なども積むことができるようになっていました。

今回の改良でかなりの荷物が入るようになりました。
これならばアウトドアなどにも不便なく利用できそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました