スポンサーリンク

CX-50は「SKYACTIV-G 2.5」と「SKYACTIV-G 2.5T」で利用可能、ハイブリッドモデルは今後数年間で

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの北米向け新世代SUV「CX-50」

2022年春発売予定ですが、最初は「SKYACTIV-G 2.5」と「SKYACTIV-G 2.5T」のみで利用可能になるそうです。

情報元:Mazda Reveals All-New CX-50 | Inside Mazda

情報元は、マツダUSAのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • CX-50は米アラバマ新工場で製造され、2022年1月に生産開始
  • CX-50には「Mi-Drive(オフロードモード)」を搭載
  • 「SKYACTIV-G 2.5」と「SKYACTIV-G 2.5T」で利用可能
  • ハイブリッドモデルなどの電動化モデルは今後数年間で利用可能
  • マツダ初の「パノラマサンルーフ」を設定
  • CX-50では新しいカラーオプション「テラコッタ」を利用可能

CX-50は「SKYACTIV-G 2.5」と「SKYACTIV-G 2.5T」のみのラインナップで発売が予定されているそうです。トヨタのハイブリッドシステムを採用するという話でしたが、最初からというわけでなく、後々搭載モデルも発売するということだったみたいですねぇ。

米国では電動化が徐々に進んでいますが、欧州ほどではありません。まだまだ内燃機関が主役みたいですので、マツダはじっくりと進めていくのかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました