スポンサーリンク

マツダ中国、2019年11月の販売実績を公表

マツダ関連

マツダの主力市場である中国で2019年11月の販売実績が公表されました。

情報元:新闻中心 | 马自达2019年11月中国市场销量2.2万台-马自达中国

情報元は、マツダ中国です。
2019年11月及び1月-11月の販売実績を発表しています。

2019年11月(台数) 2019年1月-11月
長安マツダ 12,613 122,260
一汽マツダ 9,021 80,998
全体 21,634 203,258

2019年11月全体で21,634台、長安マツダで12,613台、一汽マツダで9,021台が販売されたそうです。
また、前年同月の19,179台と比較すると12.8%増加、前年1-11月の251,776台と比較すると19.3%減少したことになるみたいです。

主要モデルの各販売台数は以下の通り

主要モデル 2019年11月 2019年1-11月
MAZDA 6 ATENZA 4,175 37,226
CX-4 4,846 43,725
MAZDA 3 AXELA 10,006 87,262
CX-5 2,476 32,630

MAZDA3 AXELAが圧倒的な販売台数を誇っています。
セダンモデルがあるかつ、お手頃なお値段で購入できるMAZDA3がえらばれているようです。藤原副社長も仰っていましたが、中国では本当にセダンモデルが流行っているんですねぇ。
そして、次に売れているのが「CX-4」
中国専用モデルだけあってSUVではもっとも売れているのかもしれません。
ただ、意外だったのが「CX-5」はそこまで人気はないんですね。
日本や海外ではかなり人気が高かったので意外です。

2020年には、中国市場で「CX-30」と「専用EV車」が登場する予定です。
これら車種がどのくらい人気がでるのか気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました