スポンサーリンク

マツダが2021年10月の販売実績を発表、グローバル販売は前年同月比で21.9%減

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

本日、マツダ株式会社が2021年10月の生産・販売実績を発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、2021年10月の生産・販売状況について(速報)|ニュースリリース

情報元は、マツダ公式ニュースリリースです。
こちらには2021年10月の生産・販売実績が公開されています。

■2021年10月販売実績(前年同月比)
国内販売:-28.3%
米国:-14.1%
中国:-22.3%
欧州:-14.7%
その他:-27.2%
グローバル販売:-21.9%

結果としては「減」となっています。
減少は3か月連続となっており、さらに過去2番目に少ない水準となっているそうです。これらの原因としては「半導体不足による部品調達困難」と「工場の一時操業停止」などとなっているそうです。

頼みの綱である北米も「減」となりました。
米国は車両供給を優先していますが、主要モデルも全て台数が減少しており、なかなかに厳しい状況となっています。中国もかなり厳しい状況です。

さらに円高の兆候が見え始め、自動車業界の株価がかなり下がっていました。マツダも例外なく下がっており、900円台になってしまったのは悲しいですねぇ。

世界では新型コロナウイルス感染症の新たな株が出てきていますし、せっかくの復調の兆しが怪しい雲行きとなってきました。

タイトルとURLをコピーしました