スポンサーリンク

マツダの国内向けSUVの販売台数を調べてみる(2021年11月編)

マツダ全般
スポンサーリンク

日本自動車販売協会連合会が2021年11月の乗用車販売台数ランキングを発表しました。

恒例の「マツダ車のSUV」がどれほど売れているのかを調べてみました。

情報元:乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

情報元は、日本自動車販売協会連合会です。
こちらには、乗用車ブランド通称名別順位が掲載されており、2021年11月の販売台数が載っていました。

  2020年9月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月 2021年2月 2021年3月 2021年4月 2021年5月 2021年6月 2021年7月 2021年8月 2021年9月 2021年10月 2021年11月
MX-30 648 865 696 833 617
CX-30 2,905 1,812 1,812 1,186 2,584 2,017 3,895 923 866 1,376 1,218 760 1632 715 1393
CX-8 1,838 1,097 1,097 1,249 1,304 2,561 4,073 1,203 1,055 767 1,031 771 476 1217 1206
CX-5 2,606 1,834 1,834 2,234 2,037 2,589 4,845 983 830 1,176 1,479 1228 1536 2163
CX-3 1,186 776 776 1,006 1,722 495 495 689 566

■ランクインしている乗用車(先月の台数)
MAZDA2:2,617台(1,239台)
MAZDA3:1,079台(668台)
ロードスター:ランク外(541台)

11月のランクインしたSUVは「CX-30」と「CX-8」のみとなっています。「CX-5」に関しては商品改良前の生産調整のためにランク外になったと予想されます。それ以外の「CX-3」や「MX-30」に関しては本当に心配ですねぇ。

SUV以外では「MAZDA2」と「MAZDA3」が健闘しています。両方とも前月と比較すると大体倍増しているのが凄いですねぇ。MAZDA3は商品改良がありましたので、これからさらに伸びていくのかもしれませんねぇ。ロードスターに関してはランク外になってしまいました。

以上です。
すっかり「MAZDA6」の存在が薄くなってしまいました。これからSUV主流が続きそうですし、今後がどうなるのか気になりますねぇ。

10月の結果はこちら
マツダの国内向けSUVの販売台数を調べてみる(2021年10月編)

タイトルとURLをコピーしました