スポンサーリンク

マツダ北米用新型SUVは「CX-5級のサイズで、アウトドアに特化」したモデルに

マツダ関連

マツダは北米に新工場を建設しています。
そこで製造される新型SUV「CX-X(仮称)」についてです。

情報元:北米新SUVはCX―5級 マツダ検討、21年にも発売 | 中国新聞デジタル

情報元は、中国新聞です。
こちらにアラバマ州でトヨタと共同で建設予定の新工場で生産予定の北米専用新型SUV「CX-X(仮称)」に関する情報が掲載されています。
書かれている内容は以下の通り。

  • サイズは「CX-5級」(少し大きくなるかも)
  • ただし「スモール群」に属する
  • CX-5とは違いを出すために「アウトドア」で使用できるように、荷室などを工夫したつくりになる
  • 価格は未定

北米マツダの毛籠氏は以下のように語っています。

北米事業を担当する毛籠(もろ)勝弘取締役専務執行役員は「米国はCX―5のゾーンがボリュームが一番大きいが、1車種では取り切れない。従来と少し違うテイストで北米にフィットさせたい」と話した。欧州や日本より道路が広いためCX―5より車体を大きくする可能性もある。

情報元:北米新SUVはCX―5級 マツダ検討、21年にも発売 | 中国新聞デジタル

どうやら、CX-5の亜種のような感じなるようですね。
CX-30とMX-30の関係性と似ている気がします。
となると、デザインもMX-30のようにかなり異なるものになってきそうですねぇ。部品等もトヨタと共有するらしいので面白そう。
これは実に楽しみになってきました。
開発は最終段階とのことで、発表を楽しみに待ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました