スポンサーリンク

「MAZDA MX-30」は日本で今年秋にも受注を開始予定、ガソリンエンジン搭載モデルは海外投入も検討

マツダ全般

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

日本でも今年秋に受注を開始すると報道されています。

情報元:マツダ初のEV、ガソリン版も併売へ 効率的に投資回収  :日本経済新聞

情報元は「日本経済新聞」です。
こちらには、マツダの「MX-30」に関する記事が掲載されており、内容は先日中国新聞が報じていた「ガソリンエンジン搭載モデル」に関して書かれていました。

その中に一文興味深い内容がありました。

マツダは初の量産型EV(電気自動車)「MX-30」で、同じプラットフォーム(車台)のガソリンエンジン車を売り出す方針を固めた。秋にもまず国内で受注を始め、海外への投入も検討する。

引用元:マツダ初のEV、ガソリン版も併売へ 効率的に投資回収  :日本経済新聞

日経は「秋」にもMX-30ガソリンエンジン搭載モデルの受注を開始すると報じていました。これはけっこう速いペースで登場しそうですねぇ。

この先の記事内容は有料会員専用ですが、搭載エンジンなどについても語られているので気になる方は読んでみるといいかもしれません。

日本での「MX-30」はどうなっていくのか。
クロスオーバー系が増えて競合していかないかが難しそうですねぇ。こうなってくるとCX-3の存在をますます強固にしていかないといけないように思えます。

今後に注視したいですね。

タイトルとURLをコピーしました