スポンサーリンク

「CX-60」と「2022 CX-5」のヘッドライトの違いについて

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代ラージ商品群第1弾「CX-60」

CX-5とのデザインの違いについてです。

前回:マツダドイツが「CX-60」の画像を公開、世界初公開はオンラインイベントで3月8日(現地時間)

前回、マツダが欧州で一斉に「CX-60」に関する情報を公開しました。本お披露目は「3月8日(現地時間)」ということで、全てがわかるのにはまだ1ヶ月先となっています。

ただ、現時点で詳細を確認できるのは「ヘッドライト」です。

■CX-60

画像引用元:MAZDA

■CX-5

同じ「つ」の字デザインとなっています。
面白いのは、この「つ」がCX-5は「横並び」になっているんですが、CX-60では「縦並び」になっているところです。さらにCX-60では下の「つ」は銀メッキのパーツとなっており、発光はしないようになっていました。こういったアプローチの仕方があったとはなかなか面白いですねぇ。

シグネチャーウイングも似ているようで、CX-60の方が従来のデザインのような「線」を基調としたデザインとなっていました。さらにウインカー?が加わって、今までにないデザインへと変化しています。

確かに「CX-5」は新世代ラージ群のデザインが採用されていますが、CX-60に関してはさらに深化したデザインとなっているみたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました