スポンサーリンク

Windows 11で「Androidアプリ」を実行するための必要スペックが公開されました

デジタル
スポンサーリンク
- -- ---

Microsoftの最新OS「Windows 11」

11の目玉機能である「Androidアプリ」に必要なスペックが明らかになりました。

情報元:Install mobile apps and the Amazon Appstore

情報元は、マイクロソフトのサポートページです。
こちらに「Androidアプリ」を動かすのに必要なスペックが掲載されていました。

RAM 8GB以上(推奨:16GB)
ストレージ SSD
CPU Intel Core i3 第8世代 以上
AMD Ryzen 3000 以上
Qualcomm Snapdragon 8c 以上
プロセッサのアーキテクチャ x64またはARM64
仮想マシンプラットフォーム 設定の必要あり※

※設定についてはこちら
Enable virtualization on Windows 11 PCs

ここ最近のパソコンであれば大丈夫そうですが、少し昔のパソコンの場合はスペックアップが必要な感じがしますね。普段パソコンを使用しない方にとってはネックかもしれません。AMDのCPUを使用している場合は「3000」以上というのも少しハードルが高くなりそう。

現時点では「Androidアプリ」は海外のみで有効化されており、日本ではまだ使用できません。ただ、近いうちに使用できるようになりそうですので、どうしてもWindowsでAndroidアプリを実行させたいというのであれば、スペックの見直しが必要なのかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました