スポンサーリンク

マツダ新世代EV「MX-30」、ニュージーランドでは2021年に投入を目指す。

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」
2020年に欧州から発売が開始されます。
そんな「MX-30」のニュージーランドでの発売時期についてです。

情報元:Eco warrior: inside Mazda’s first EV, and why they aren’t giving up on petrol – Reviews – Driven

情報元はニュージーランドの「DRIVEN」です。
こちらには、東京モーターショー2019で初公開されたマツダの新世代EV「MX-30」についてが書かれています。その中に、マツダのマネージングディレクターであるDavid Hodge氏が「ニュージーランドへの投入時期」について発言していました。

Mazda’s managing director in New Zealand, David Hodge, says the company aims to launch the MX-30 in New Zealand early in 2021. Left-hand drive MX-30s will arrive first in Europe; New Zealand is likely to be one of the earliest countries to get the right-hand drive model.

[機械訳]
ニュージーランドのマツダのマネージングディレクターであるデビッドホッジは、同社が2021年の早い時期にニュージーランドでMX-30を発売することを目指していると語っています。 ニュージーランドは、右ハンドルモデルを取得した最初の国の1つである可能性があります。

引用元:Eco warrior: inside Mazda’s first EV, and why they aren’t giving up on petrol – Reviews – Driven

ニュージーランドでは「2021年の早い時期」にMX-30が投入されるようですね。
意外と先の話のようです。
オーストラリアも大体同じ時期に投入されそうな感じですかねぇ。
その頃には、「ロータリーエクステンダーEV」搭載モデルが登場していそうな気がするので、それに合わせての投入なのかもしれません。
日本でも投入は予定されていますが、まだ未定です。
ニュージーランドと日本、どちらが先に「右ハンドルモデル」を取得するのか楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました