スポンサーリンク

中國新聞デジタル、「マツダ車歴代モデル総選挙」を開催中

マツダ関連

2020年、マツダは創立100周年を迎えます。
それに伴い、中国新聞では「マツダ車歴代モデル総選挙」を開催しています。

情報元:「マツダ車歴代モデル総選挙」開催中 | 特集・関連記事 | マツダ100年 車づくりと地域 | 中国新聞デジタル

情報元は、「中國新聞デジタル」です。
こちらでは、マツダ100周年特集企画として「マツダ車歴代モデル総選挙」を開催していると書かれてました。
総選挙は、選ばれた20台の中から1台選ばれるとのこと。
ラインナップは以下の通り。

  1. R360クーペ(1960)
  2. コスモスポーツ(1967)
  3. サバンナ(1971)
  4. RX-7(1978)
  5. ファミリア(1980)
  6. カペラ(1982)
  7. ロードスター(1989)
  8. MPV(1990)
  9. センティア(1991)
  10. クロノス(1991)
  11. ボンゴフレディ(1995)
  12. デミオ(1996)
  13. ミレーニア(1997)
  14. プレマシー(1999)
  15. アテンザ(2002)
  16. RX-8(2003)
  17. アクセラ(2003)
  18. CX-7(2006)
  19. CX-5(2012)
  20. CX-3(2015)

往年の名車から最近の車種まで満遍なく選出されていますね。
ただ、CX-8やCX-9、CX-4などがないのが少し寂しいです。
果たしてこの中から一体どの車種が選ばれるのでしょうか。
結果が楽しみですねぇ。

総選挙の締め切りは「2020年2月28日(金)午前10時」まで。

タイトルとURLをコピーしました