スポンサーリンク

マツダオーストラリアが「2022 MAZDA3」の詳細を公開、セダンのリアランプも確認可能に

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

オーストラリアでは2022年モデルの詳細が公開されていました。

情報元:Mazda3 has arrived | Mazda Australia

情報元は、マツダオーストラリアの公式ページです。
こちらにはいつのまにやら「2022年モデル」のMAZDA3紹介ページへと更新されており、かねてより情報があった「SKYACTIV-G M Hybrid」や「プラチナクォーツメタリック」、さらにはセダンモデルに「ポリメタルグレーメタリック」などを確認することが出来ました。

ボディカラーラインナップは以下の通り、

画像引用元:Mazda3 has arrived | Mazda Australia

全部で8種類です。
残念ながら、オーストラリアでも「チタニウムフラッシュ」が廃止されていました。その代わりに「プラチナクォーツメタリック」と「ポリメタルグレー(セダン)」が追加されています。

セダンモデルの「ポリメタルグレー」は以下の通り。

画像引用元:Mazda3 has arrived | Mazda Australia

スポーティでとっても似合っています。
そして、ディミングターンシグナルが搭載された影響でリアランプのデザインも変更されていました。横に伸びる線が消えてしまったので、かなり印象が異なります。ただこれはこれでシンプルになったので、スッキリした感じもします。

そして、エンジンラインナップには新たに「SKYACTIV-G M Hybrid」が追加されました。

画像引用元:Mazda3 has arrived | Mazda Australia

2.0Lガソリンエンジンに搭載されています。
これで、オーストラリアでは「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」「SKYACTIV-X 2.0」「SKYACTIV-G 2.0 M Hybrid」が投入されており、さらにマツダオーストラリアは「SKYACTIV-G 2.5T」をも追加しようと考えています。欲張りですねぇ。

オーストラリアは間違いなく、マツダの中でも一番多くのラインナップを取り揃えています。

現時点でカタログはまだ公開されていません。
オーストラリアのカタログは見ていて面白いので早く見てみたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました