スポンサーリンク

「AirPods Pro」を実生活で使用してみて -魅惑のノイズキャンセリングの世界-

デジタル

Appleのワイヤレスヘッドフォン「AirPods Pro」
体験した時に味わった衝撃で、ついつい購入してしまいました。
今回は、実生活での色々な場面で使用したさらなる個人的感想です。

前回:「AirPods Pro」を購入しました。

前回、品薄の「AirPods Pro」を何とか手に入れることが出来ました。
購入後もAppleオンラインストアの在庫を覗いてみましたが、朝方には大体当日在庫が表示されるようですね。
今後はどしどし在庫が復活していくのかもしれません。

さて、本題の感想です。
私は、「カナル型」「Bluetooth接続」のヘッドフォンに苦手意識がありました。
それら技術が出始めた頃は音質が悪かったんですよね。
シャカシャカ音でびっくりした記憶があります。
そんな苦手意識が残っている中での「AirPods」でしたので、衝撃は相当なものでした。しかも「ノイズキャンセリング」という素晴らしい技術も同時に初体験したので、これは私の中の世界がガラッと変わった瞬間でした。
購入して数日ですが、今や「AirPods Pro」なしでは生活できません。
それぐらい素晴らしい商品だと思います。
その何が「素晴らしい」かを項目ごとに語っていきます。

何より軽く持ち運びやすい

携帯性が非常に優秀です。
ケースと本体共に軽量で、本体は耳につけても重さをほとんど感じません。
一度装着して考え事していると、つけていることを忘れてしまいます。
周りの声が聞こえないのは、基本的に他人に興味のない私にとっては革新的です。
ありがとうございます、この技術を開発してくれた人。
「AirPods Pro」に触発されて、色々なヘッドフォンを試してみましたが、個人的にはコレが一番自然に装着でき、重さも気にせずに使用できるデバイスだと感じました。
ノイズキャンセリングも非常に強力。
私の場合は、iPhoneを使用していることも大きいですね。
それだけ連携が優秀です。
使用していて学んだんですが、「再生/停止」と「曲送り」は本体の感圧センサーで操作できるんですね。これが地味に便利。
感圧センサー自体も面白く、ボタンを押しているような錯覚がおきるんですが、実際は音が鳴っているだけなんですよねアレ。
人間の錯覚って面白い。

考え事や作業に最適

これは「AirPods Pro」以外にも当てはまりますが、何かをじっくり考えたい時、作業に集中したいときなんかにノイズキャンセリング機能が最適です。
私は周囲の物音や話し声に敏感でなかなか集中して作業することができないことが多かったんですが、「AirPods Pro」のおかげで作業効率が格段にあがりました。
それだけ「AirPods Pro」の遮音性は優秀です。
24時間ずっとつけていたいぐらい。
あまりに静かすぎて、周りに誰もいないと思い込んでしまい、独り言をしゃべって恥ずかしかったのは内緒。

また、ノイズキャンセリング機能のおかげでいつも聴いている曲の細かい部分に気づくことができました。ベースの音やバックコーラスなど、以前は気にしていなかった部分が鮮明に聞こえてくるので、いつもと違った曲のように聞こえます。
音楽って良いですね。

ランニングなどの運動にも使える

体力づくりに続けているランニング。
それにも使用してみましたが、全く外れる気配はありません。
そして何より、ワイヤレスなのが最高です。
いつもコードが絡んだりしていましたが、その心配もいりません。
私は波打ち際をランニングするんですが、「AirPods Pro」を装着すると波の音さえも遮音してしまうので、これまた驚き。
自然の音を聞きながらランニングを楽しみたい人には逆に不向きですね。
ただ、外部音取り込みモードにすればちゃんと聞こえてきます。
この外部音取り込みモードの凄いところは、マイクから集音しているんです。
ヘッドフォンをつけていながら、外の音をマイクで集音しているってなかなか凄いですよねぇ。でも、それのおかげで音楽を聴きながらでもしっかりと外の音を聴くことが出来ます。

Surfaceなどの外部機器にも接続できる

個人的に最高の利点です。
「AirPods Pro」を購入当初、Apple製品のみにしか接続できないと思っていました。しかし、この「AirPods Pro」は一般のBluetoothヘッドフォンと同じ扱いなので、Bluetoothを搭載している機種であれば、接続することが出来るんですね。

Mac やその他の Bluetooth デバイスに AirPods を設定する – Apple サポート

このおかげで、メインPCの「Surface」に接続して音楽を聴くことが出来るので、個人的に非常に嬉しかったです。
ただ、電池残量などの確認や「外部音取り込み⇔ノイズキャンセリング」などの設定は、Apple製品でしかできないのが少し残念。
それでも、いちいちコードを差し替えずにスイッチ一つで接続できるのは最高です。

気になる部分

非常に素晴らしい製品です。
ただ、まだまだ気になる点があります。

設定音が大きい&変更できない

耳に装着した際や設定を変更した時などになる音です。
これが地味に大きいんです。
びっくりはしないんですが、ちょっとうるさいなと感じます。
音量変更できればいいんですが、できないのが残念。
今後のアップデートで変更されれば嬉しいですねぇ。

電池残量を確認する手段が少ない

基本的に電池残量はiPhoneなどから確認をします。
なので、Apple製品以外に接続していたり、どこにも接続していない場合にどれくらいの残量が残っているかの確認ができません。
基本的に、家では常にケースは充電、本体使用後はケースへ入れれば全く問題はないんですが、しばらく放置していた時に「あれ?これから出かけるけど大丈夫かな?」と思うようなことがしばしばありました。
実際のところは、ケースの充電残量は全く問題なかったんですが、こういった部分は常に確認したい私にとっては少し不安に思う部分でもあります。
ただ、しばらくすれば慣れるでしょう。

ツルツルして落っこちそう

本体装着時や脱着時に落っことしそうになりました。
溝や駅構内で線路などに落っこちそうなのが心配ですね。
耳に装着している際は全く心配はいりませんが、脱着時なども油断せずにケースに入れたいと思います。

総評

今年のベストバイといっても過言ではありません。
ノイズキャンセリングや商品全体としての完成度の高さは流石Appleです。
正直、試す前までは全く期待していませんでした。
試して「あーやっぱりまだまだだな」という感想を言おうと思っていましたが、それがまさか全くの正反対の感想を抱くとは思いませんでした。
私自身、ノイズキャンセリング初心者だったので、その衝撃も大きいです。
この技術にとても未来を感じます。
将来、自分の聴きたい音だけを聴くことが出来たり、相手が話している言語をマイクで集音してリアルタイム翻訳なんてのが出てきそうですねぇ。
これは面白そう。

現時点でもまだまだ品薄の状態が続いていますが、どうしても欲しい方は朝7-8時頃にAppleオンラインストアの当日在庫を確認してみると良いかもしれません。
ここ最近は頻繁に在庫が復活しています。

タイトルとURLをコピーしました