スポンサーリンク

「ディミングターンシグナル(DTS)は他のモデルに展開する計画がある

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新しい発光方法「ディミングターンシグナル」

他のモデルにも普及される計画があるそうです。

情報元:Design Without Compromise: Signals from the Heart | Mazda Stories

情報元は「MAZDA STORIES」です。
こちらでは、ディミングターンシグナルの開発秘話が掲載されているんですが、その最後の一文に少しだけ気になる内容が掲載されていました。

With some exceptions, DTS is generally available internationally in the CX‑30 and MX‑30 models, with plans in place for expansion to other models.

[機械訳]
DTSは、一部を除き、海外ではCX-30とMX-30が一般的で、他のモデルへの展開も計画されています。

引用元:Design Without Compromise: Signals from the Heart | Mazda Stories

他のモデルへの展開も計画されているそうです。
この記事の話では「CX-30(MX-30)」と「MAZDA3」にDTSを搭載したという話ですので、もしかしたら他のモデル(CX-5など)にも搭載される可能性はありそうです。

ただ、新商品の「CX-50」や「CX-60」にも搭載されていることが確認されているので、そちらのことを指しているのかもしれませんが、マツダの全モデルにDTSがとうさいされたら面白いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました