スポンサーリンク

マツダ車の2022年4月現在の「残価率」を調べてみる(最高はCX-5/CX-8の60%)

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの残価設定型クレジットプラン「スカイプラン」

その残価率を調べてみます。

情報元:マツダ|クレジットプラン

情報元は、マツダ公式ページです。
こちらにある残価設定型クレジットプラン「マツダスカイプラン」の各モデル残価率が掲載されていました。

画像引用元:マツダ|クレジットプラン

こちらの残価率は「2022年4月1日現在」のものとなっており、適用期間は2022年6月末までです。

最高の残価率は「60%」で車種は「CX-5/CX-8」でした。さすがマツダの主力車種だけありますねぇ。次に高い残価率は「55%」でCX5/CX-8以外の車種となっていました。SKYACTIV-Xも含まれているので、高価なモデルを安心して購入することできるのは良いですね。

一番低いのは「50%」で軽自動車などのマツダ自身の生産以外のさh種がラインナップされていました。

私自身、こういった残価設定型クレジットプランは利用したことはありませんが、今後はこういった売り方(買い方)が当たり前になっていくのでしょうかねぇ。時代についていかないと本当に訳が分からないことになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました