スポンサーリンク

MAZDA3、CX-30が「オートカラーアウォード2019」のグランプリを受賞

マツダ関連

マツダの新世代商品「MAZDA3」「CX-30」
この2台が、一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)が主催する「オートカラーアウォード2019」において、グランプリを受賞しました。

情報元:JAFCA | 一般社団法人日本流行色協会 | Seminer & Event

情報元は「JAFCA」の公式サイトです。
こちらには、2019年12月19日に東京国際交流プラザ平成にて、優れたモビリティのカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード2019」が行われたそうです。
そのグランプリに以下の2台ノミネートされました。

画像:MAZDA

MAZDA 3 Fastback
エクステリアカラー: ポリメタルグレーメタリック
インテリアカラー: バーガンディ

MAZDA CX-30
エクステリアカラー: ポリメタルグレーメタリック
インテリアカラー: ネイビーブルー/グレージュ

受賞理由は、「マツダのブランドカラーのひとつであるグレーに新たな領域を作った」「微妙な青みを含むニュアンスにとんだグレーで、全く見たことのない領域を実現した」「外装と内装の一体感が高く評価された」としています。

選ばれたのは「ポリメタルグレーメタリック」が決め手のようですね。
非常に斬新な色合いなのが特徴です。
また、内装色の「バーガンディ」や「グレージュ」が選ばれている所も嬉しいですねぇ。特に「グレージュ」はファブリックシートでも選択できるシートカラーなので、より多くの人が選択肢として選べる画期的な色合いです。
これらの組合せが審査員の心を動かしたのかもしれません。

様々な所で評価されている、マツダの新世代商品群。
嬉しいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました