スポンサーリンク

CX-60(日本仕様)の4つのエンジン主要諸元(開発目標値)

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第4弾「CX-60」

4つのエンジンの主要諸元が発表されました。

前回:CX-60のディーゼルエンジンの「リアオーナメント」が公開されました

前回、日本仕様のCX-60の詳細が発表されましたが、4つのエンジンの主要諸元も公開されていました。

※開発目標値 e-SKYACTIV PHEV SKYACTIV-G 2.5 e-SKYACTIV D SKYACTIV-D 3.3
排気量 2488cc 2488cc 3283cc 3283cc
ボア X ストローク 89.0mm x 100.0mm 89.0mm x 100.0mm 86.0mm x 94.2mm 86.0mm x 94.2mm
圧縮比 13.0 13.0 15.2 15.2
最高出力
kW<ps>/rpm
238<323>/6000 138<188>/6000 187<254>/3750 170<231>/4000 ~ 4200
最大トルク
N/m<kgf・m>/rpm
500<51>4000 250<25>3000 550<56>/1500~2400 500<51>/1500~3000

SKYACTIV-Dの開発目標値が掲載されています。
圧縮比は「15.2」ということで、高圧縮でありながら燃費を大幅に改善したそうです。排気量を2.2から上げたことで生じた余剰空気を使い切るために「燃焼室を2段設けた2段エッグ燃焼室」を採用しています。さらに「48Vマイルドハイブリッド(M HYBRID BOOST)」を追加することで、さらなる人馬一体を再現できるんだとか。

これはかなり期待できそうですねぇ。
ただ「SKYACTIV-X」に関する話が一切ないのは少し気になります。

タイトルとURLをコピーしました