スポンサーリンク

ポーランドでのCX-60販売目標は「1,285台」& e-SKYACTIV X 3.0とe-SKYACTIV D 3.3 の販売時期

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第4弾「CX-60」

ポーランドでの販売目標とe-SKYACTIV D & Xの販売時期についてです。

情報元:Mazda CX-60 zaskoczy wartością po 60 tys. km. BMW i Audi w pokonanym polu – Dziennik.pl

情報元は「Dziennik.pl」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • ポーランドでメディア向け「CX-60 お披露目会」が開催された
  • 2022年末には、e-SKYACTIV D 3.3(直6)の生産を開始
  • e-SKYACTIV D3.3は基本的には「後輪駆動」、オプションで「4WD」を用意
  • マツダポーランドのPRマネージャーは「よりパワフルなモデルは4WDが標準になる」
  • 2023年には「e-SKYACTIV X 3.0」を追加する予定
  • e-SKYACTIV X 3.0も基本は後輪駆動、オプションで4WD
  • マツダポーランドのPRマネージャーは「今期はポーランドで1285台のCX-60を販売したい」と語った

ポーランドでの販売目標は「1,285台」だそうです。
既に先行予約で「260件以上」の受注を獲得しているそうですので、既に約20%の目標は達成していることになります。これは非常に幸先の良いスタートではないでしょうか。

ラージ群に関しては、売れば売れるほどマツダが儲かるモデルですので、ここは是非とも大成功となってほしいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました