マツダ新型SUV「CX-30(北米仕様)」のエンジンラインナップについて

スポンサードリンク

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
北米地域では、メキシコの一部地域で発表されました。
今回は、アメリカとカナダについてです。

情報元:Motortrend: New Cars – Car News and Expert Reviews

情報元は「MOTOR TREND」です。
カルフォルニア州大気資源局が公開した資料に、2020年に発売されるマツダの新世代SUV「CX-30」のエンジンラインナップが書かれていたそうです。

画像引用元:Executive Order, 2020, Mazda Motor Corporation, PC, A-016-0462-2.

資料によると、SKYACTIV-G 2.0(AT・MT) と SKYACTIV-G 2.5(AT)が2020 CX-30に投入されるようですね。
残念ながら「SKYACTIV-X」の記載はないようです。
また、記事には色々な予想として、「SKYACTIV-G 2.0」はアメリカでは投入されずにカナダのみになると書かれています。
アメリカではエンジンラインナップが乏しいという指摘をたまに見かけますが、CX-30に関しても「SKYACTIV-G 2.5」のみを投入となると記事では予想しています。
実際のところどうなるのかはわかりませんが、北米ではSKYACTIV-Xの投入はまだまだ先のようですねぇ。
その代わり、北米では専売SUVや一部州で電動車の発売が予定されています。
そこに期待したいですね。