スポンサーリンク

CX-60に採用されたBSMの降車時警告機能は「後席のドアにも対応」

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代ラージ商品群第1弾「CX-60」

新たな機能「BSM(降車時警告機能)」は後部座席のドアにも対応しているそうです。

情報元:ブラインドスポットモニタリング(BSM)の降車時警告機能は、後席のドアを開けた際も機能しますか?(C | 【MAZDA】よくあるお問合せFAQ

情報元は、マツダ公式FAQです。
こちらには、新たな項目が追加されており、その中に「ブラインドスポットモニタリング(BSM)降車時警告機能」についての質問も掲載されていました。

Q:ブラインドスポットモニタリング(BSM)の降車時警告機能は、後席のドアを開けた際も機能しますか?(CX-60)

A:はい。後席のドアを開けた際も機能します。

引用元:ブラインドスポットモニタリング(BSM)の降車時警告機能は、後席のドアを開けた際も機能しますか?(C | 【MAZDA】よくあるお問合せFAQ

こちらによると「後席のドアも開けた際も機能する」と書かれていました。これは地味に便利な機能となりそうですねぇ。運転席や助手席ではサイドミラーを使用して後方確認ができたりしますが、後部座席から降りる際には目視のみなのでけっこう危ないことが多いんですよね。

この機能なら、降りる時に後席の人も安心ですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました