「2020 D-MAX」は、いすゞのみで開発した。

マツダ関連

今年オーストラリアで発売される新型「D-MAX」
マツダにOEM提供される予定です。

情報元:Isuzu lifts lid on next-gen Mazda BT-50: Co-developed ute will be almost all D-Max – Car News | CarsGuide

情報元は「CarsGuide」です。
こちらには、いすゞの新型「D-MAX」とマツダの新型「BT-50」について、色々と情報が書かれています。

  • 「D-MAX」は、いすゞのみで開発した
  • 完成した車両をマツダに提供する
  • ただし、外観は大幅に変更され「男性的でタフ」となる

いすゞとマツダの共同開発というわけではないと書かれています。
となると、大部分の性能や機能は「D-MAX」と同じ仕様になりそうですので、新世代マツダコネクトなどが搭載されるという可能性は低そうですね。

ただ、デザインは大きく変更されるとしています。
これは以前からマツダの関係者が発言していましたが、一体どんなデザインになるのか、楽しみですねぇ。
魂動デザインと「タフさ」がどうコラボするのか。
最近、CX-5などのCXシリーズでもオフロード仕様を推してきているのが、何か関係があるのかも気になります。北米専用のSUV「CX-X(仮名)」も方向性はそちらですし。

どうなるのかはわかりませんが、発表が楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました