スポンサーリンク

「2020 MAZDA2 x M Hybrid」の走行レビューについて

マツダ関連

マツダの上質なパーソナルカー「MAZDA2」
欧州では「M Hybrid」が搭載されました。
そのレビューについてです。

情報元:Mazda 2 1.5 Skyactiv-G Sport Nav 2020 UK review | Autocar

情報元は、イギリスの「Autocar」です。
こちらには「2020 MAZDA2 1.5 SKYACTIV-G Sports Nav」のレビューが掲載されていました。そのレビューの中に、MAZDA2に初搭載されたハイブリッドシステム「M Hybrid」の乗り味について少しだけ書かれています。

The system doesn’t make a dramatic difference to the driving experience, with its influence mostly felt in quiet and smooth low-speed acceleration. It adds extra refinement to the engine, which offers decent performance in a car of this size. The main benefit is in fuel economy and emissions: Mazda cites WLTP figures of 53.5mpg and 94g/km CO2 emissions for the 89bhp engine. That seems realistic, because we averaged close to 50mpg during our test.

[機械訳]
このシステムは、運転体験に劇的な違いをもたらすことはありません。その影響は、静かで滑らかな低速加速でほとんど感じられます。 それはこのサイズの車でまともなパフォーマンスを提供するエンジンにさらに洗練を加えます。 主な利点は燃費と排出量にあります。マツダは89bhpエンジンの53.5mpgと94g / kmのCO2排出量のWLTP数値を引用しています。 テスト中に平均して50mpgに近づいたため、それは現実的と思われます。

引用元:Mazda 2 1.5 Skyactiv-G Sport Nav 2020 UK review | Autocar

情報元では、「乗り味に大きな変化は感じられないものの、低加速域での滑らかな加速が感じられる」と書かれていました。
信号待ちからの発進などが滑らかになるのは嬉しいですねぇ。
ただ、6速MTについては問題提起されています。
実際にどのような感じなのかが非常に気になりますねぇ。

日本では、この「M Hybrid」搭載のMAZDA2が投入される可能性は低そうですのが、いつの日か体験できると嬉しいですね。
また、今後欧州でハイブリッドの投入がどうなるのか気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました