スポンサーリンク

創立100周年を迎え、マツダ丸本社長インタビュー「記念の商品も考えないとね」

マツダ関連

マツダは創立100周年を迎えました。
そんなマツダの丸本社長が中国新聞のインタビューに答えています。

情報元:【マツダ100年】走る喜び、次の時代も | 特集・関連記事 | マツダ100年 車づくりと地域 | 中国新聞デジタル

情報元は、「中國新聞デジタル」です。
マツダの創立100周年という記念すべき日について、マツダの丸本社長にインタビューをしている記事が掲載されています。

その記事には、マツダの歴史や次の時代への意気込みなど、様々なことが語られており、読んでいて非常に面白かったです。
特に気になった部分がこちら。

 この規模で全方位の対応はできない。車を愛し走る喜びを楽しむ人に、魅力あふれる独自の商品や技術、体験を提供する。一方、交通事故を撲滅するには自動運転技術、二酸化炭素削減に向けては電動化技術を磨く。内燃機関の強化やプラグインハイブリッド、電気自動車など、お客さまの趣向を踏まえつつ最適な解決策を示す。今年は100周年イヤー。記念の商品も考えないとね。独自性を関係先とどうつくり上げるか。この1年で道筋を定め、次の100年に向かいたい。

引用元:【マツダ100年】走る喜び、次の時代も | 特集・関連記事 | マツダ100年 車づくりと地域 | 中国新聞デジタル

マツダのこれからについてが語られています。
そして、100周年記念の「商品」についても触れられています。
マツダはちゃんと考えているようですねぇ。
これが一体どんな商品になるのか楽しみです。
個人的には、ロードスターは昨年30周年を迎えて特別仕様車が登場したので、他の製品なんてのが登場したら面白いなぁと考えています。
実際にはどうなるのかはわかりません。
車ではない記念品なのかもしれませんが、ワクワクしながら待ちたいと思います。

他にもトヨタやスズキとの提携の裏話も掲載されていました。
スズキとのお話は初めて知ったので驚き。
鈴木会長の冗談交じりが本当になるとは凄いですねぇ。
流石、会長。

マツダの創立100周年。
これから様々なことが起こりそうでワクワクしますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました