スポンサーリンク

マツダUSAが「Carbon Edition」を発表、CX-5/CX-9/MAZDA6に設定

マツダ関連

マツダUSAが特別仕様車「Carbon Edition」を発表しました。

CX-5/CX-9/MAZDA6に設定され、2021年モデルに準拠した装備が設定されるそうです。

情報元:Introducing New Carbon Edition for Select Mazda Vehicles | Inside Mazda

情報元は、マツダUSAのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 「カーボンエディション」を各モデル(CX-5/CX-9/MAZDA6)に設定
  • レッドレザーシート、レッドステッチ、ブラックハニカムインテリアを採用した大胆なインテリア
  • 本日より発売
  • カーボンエディション」は、外装色「ポリメタルグレー」、内装色「レッドレザー」、内装色「ブラックアクセント」の組み合わせ
  • 「CX-5」「CX-9」「Mazda6」のCarbon Edition」は、「Apple CarPlay」や「Android Auto」、「Bose®プレミアムオーディオ」、「フロントシートヒーター」などのプレミアムアメニティを多数装備
  • また、「ブラインドスポットモニタリング(リアクロストラフィックアラート機能付)」、「マツダレーダークルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)」、「スマートブレーキサポート」など、「i-Activsense」の安全機能のほとんどを搭載

ついに発表されました。
以前の情報通り3車種に設定されるようです。

CX-5ではブラックのシグネチャーウイングがなかなかかっこいいですねぇ。

他には「新世代マツダコネクト(マツダコネクト2)」に関する情報は一切書いておりませんが、2021年モデルに準拠した設定になるということで、CX-5/CX-9に搭載されると思われます。

MAZDA6に関しては、現時点で説明書にマツコネ2の記述はありませんでした。
「2021 MAZDA6(北米仕様)」には新世代マツダコネクトの記載なし

詳細情報は後日発表ということで、楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました