スポンサーリンク

マツダカナダの「Kuro Edition」の外装をよくみてみる

マツダ関連

カナダで登場したCX-5/CX-9/MAZDA6に新たに設定された「Kuro Edition」

今回はその外装をよく見てみます。

情報元:Kuro Edition Vehicle Lineup | Mazda Canada

情報元は、マツダカナダの公式ページです。
USAで発表された「カーボンエディション」とほぼ同時期に「Kuro Edition」が発表されました。

こちらでは個別の外装画像などが公開されています。

編集前元画像:MAZDA CANADA

CX-5での変更点は「ブラックシグネチャーウイング」「ブラックサイドミラー」「フロントグリル」「ホイール」などがあげられます。

CX-9では「フロントグリル」「ポリメタルグレー」「ブラックサイドミラー」「ホイール」などがあげられます。

MAZDA6では「ポリメタルグレー」「ブラックサイドミラー」「ホイール」などがあげられます。

一応統一した変更点がある特別仕様車ですが、CX-5が少しだけ多く異なっていたり、2021年モデルでの変更点が追加されていたりと色々と複雑なことになっていますねぇ。

唯一内装画像が公開されている「MAZDA6」では、初代マツダコネクトが搭載されていることが確認できるので、こちらは新世代マツダコネクト(マツダコネクト2)への世代交代は行われないようです。

ちなみにですが、マツダUSAで公開された画像を拡大するとこうなりました。

画像引用元:MAZDA USA

それぞれが違った角度で見ることが出来ます。
個人的には「CX-5」と「CX-9」のフロントグリルのデザインが変更されているのが、なかなか新鮮ですねぇ。これは2021年モデルでの変更点なのかもしれませんねぇ。

外装部分が公開された海外の特別仕様車。
後は「新世代マツダコネクト」だけですねぇ。
これは本当に楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました