スポンサーリンク

「CX-5 Carbon Edition」を拡大してよーく見てみる(フロントグリル・新世代マツダコネクト編)

マツダ関連

マツダカナダの特別仕様車「Kuro Edition」

今回は、そのCX-5についてよーくみてみます。

前回:マツダカナダの「Kuro Edition」の外装をよくみてみる

前回は「Kuro Edition」の外装についてをなんとなく見てみました。

今回はもうちょっとよく見てみたいと思います。
マツダUSAで公開されている画像で「CX-5」が一番見やすいので、こちらを拡大して気になる部分を確認してみたいと思います。

まずは「フロントグリル」です。

元画像引用元:MAZDA USA

以前はハニカム構造のようなデザインでしたが、こちらでは「MAZDA6」のようなデザインになっているように見えます。実際のところはどうなっているのかよくわかりませんが、これはこれで印象が変わって見えますねぇ。それとヘッドライトがシグネチャーヘッドライトでもないのは北米仕様らしいですね。
もしかしたら単なる見間違いなのかもしれませんが……

続いて「新世代マツダコネクト」です。

元画像引用元:MAZDA USA

外装しか画像はありませんが、出来るだけ拡大してみました。
確かに非常にワイド画面となっていますし、以前よりもちょっと上方面にはみ出している様にもみえるので、これが噂の10.25インチなのかもしれません。

以上です。
対した情報はありませんが、これはこれでワクワクしますねぇ。特に新世代マツダコネクトが第6世代に投入されることは非常に楽しみで仕方ありません。

これからじっくりと色々な角度から検証していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました