スポンサーリンク

「MX-30」のセンターディスプレイの形状について

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

前回:【新世代マツダコネクト】センターディスプレイの形状の違いについて

前回、新世代マツダコネクトのセンターディスプレイの形状の違いについて確認しました。MX-30に搭載されているセンターディスプレイのみ異なった形状をしていますね。

もう少し何かわからないかと思い、マツダオランダで公開されているコンフィグレーターに掲載されているセンターディスプレイの画像をみてみましょう。

画像引用元:Mazda Motor Nederland

こちらには、新世代マツダコネクトのホーム画面とApple CarPlayを表示させた画面が掲載されています。MX-30のセンターディスプレイは、どちらかというと初代マツダコネクトの形状と似ているので、Apple CarPlay を表示させた画面は何か懐かしさを感じさせてくれますねぇ。MAZDA3/CX-30では、ダッシュボードのデザインが全体的に斜めになっていたので、あの形状になったのかもしれません。それぞれの車種でセンターディスプレイの形状を変えるのは、流石マツダです。

また、表示領域自体は8.8インチとなかなかの大きさですが、それ以上にベゼル部分も大きいのが印象的です。特に両サイドの幅が大きいので、今後の展開では表示領域が「8.8インチ」以上になったりしそうで妄想が膨らみますねぇ。

新世代になったマツダコネクト。
MAZDA3/CX-30で成熟したように思えていましたが、まだまだ進化をやめないようですね。今後どのような進化を遂げていくのか、非常に楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました