スポンサーリンク

マツダUSA、「2020 MAZDA3」の魅力を紹介する動画を公開

マツダ関連

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

アメリカでは、その魅力を動画で紹介しています。

情報元は、マツダUSAのYoutubeアカウントです。
2020年モデルのMAZDA3 Hatchback(日本ではファストバック)とSedanモデルを、それぞれ別の動画で公開しています。

まずはハッチバックモデル。

外装色はハッチバック専用色「ポリメタルグレーメタリック」、内装色は「ナーガンディ」のMAZDA3が紹介されています。デザインとLEDライト、そしてホイールサイズについてや新世代マツダコネクトの紹介がされています。
2020年モデルでは、大幅な商品改良はされておらず、モデル構成や価格などに重点が置かれていたようですね。

続いて、セダンモデル。

こちらは、外装色「マシーングレーメタリック」が紹介されています。内容的にはハッチバックモデルと同じですね。

私はMAZDA3が発表された当初、セダンモデルがお気に入りでした。それからハッチバックモデルの底知れぬ色気に誘われて、ハッチバックがお気に入りになり、そしてまた、最近はセダンモデルの魅力に惹かれています。
セダンの一番良いと思うところがこちら。

画像引用元:2020 Mazda3 Sedan Exterior | 2020 Mazda3 Sedan | Mazda USA – YouTube

この、サイドからリアにかけての曲線美です。
美しいですよねぇ。
先代のアクセラではちょっと寸詰まり感がありましたが、このMAZDA3では「セダンらしい」伸びやかな曲線が表現されています。Cセグメントでこういう表現ができるのは、なかなか素晴らしいですよねぇ。

同じ「MAZDA3」でも表現の異なる不思議なクルマ。
どちらも甲乙つけがたいですねぇ。
発表されて1年以上が立っているのに、まだまだその魅力は健在しており、その凄さに圧倒しております。
マツダのデザインは本当に素晴らしいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました