スポンサーリンク

マツダ新型EV「MX-30」の名前の理由 & 英国では2021年に登場予定

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

欧州では2020年後半に発売が予定されています。

そんなMX-30の英国投入予定と名前の由来についてです。

情報元:Mazda MX-30 – An electric car for the environment…. and the driver

情報元は、マツダスイスのニュースリリースです。
こちらには東京モーターショー2019で発表された「MX-30」について様々なことが書かれていました。

その中で気になる記述がありました。

まずは「MX-30の名前の由来」です。
こちらもニュースリリースに書かれていました。

What’s in a name?

Mazda has used the MX prefix on several products that were designed and engineered to challenge the assumptions in the automotive industry at the time. With the MX-5 we created a sporty two seater when the roadster had been dismissed by other manufacturers.

With the Mazda MX-30, we have created a completely new EV experience with the Mazda DNA of unique interior and exterior design and great driving dynamics, ensuring that our customers are still able to experience the joy of driving for which Mazda is famous.

[機械翻訳]
名前って何?

マツダは、当時の自動車業界の前提に挑戦するように設計および設計されたいくつかの製品でMXプレフィックスを使用しました。 MX-5では、ロードスターが他のメーカーによって解雇されたときに、スポーティな2人乗りを作成しました。

Mazda MX-30により、マツダのDNAでユニークな内外装デザインと優れたドライビングダイナミクスを備えたまったく新しいEVエクスペリエンスを作成し、マツダが有名なドライブの喜びをお客様がまだ体験できるようにしています。

引用元:Mazda MX-30 – An electric car for the environment…. and the driver

MXというネーミングは「挑戦」という意味合いが強いようです。
他メーカーでオープンカーが造られなくなった頃、マツダはあえて「ロードスター」を創り出しました。
そんなマツダの「挑戦」のDNAを受け継いだ、ユニークな作りの「MX-30」が電動化での新たに挑む意気込みを感じさせてくれます。
そして、「30」というのはCX-30と同サイズだからなのかもしれません。

次に英国での投入時期についてです。

Commenting on the premiere of the Mazda MX-30, which will arrive in European dealerships during the second half of 2020 (UK 2021), Yasuhiro Aoyama President & CEO of Mazda Motor Europe said:

“As with all our products, our designers and engineers had a very clear goal for our first battery-electric vehicle. It had to have stand out design, be great to drive, something that is key part of Mazda’s DNA and makes us unique when compared with competitors, and most importantly, make a positive contribution to reducing emission across the entire life cycle of the product.

[機械翻訳]

マツダMX-30の初演についてコメントします。マツダMX-30は、2020年後半(2021年英国)に欧州のディーラーに到着します。

「当社のすべての製品と同様に、当社のデザイナーとエンジニアは、最初のバッテリー式電気自動車の目標を明確に定めていました。 マツダのDNAの重要な部分であり、競合他社と比べて私たちをユニークにするものであり、最も重要なことには、製品のライフサイクル全体で排出量の削減に積極的に貢献しなければなりません。

引用元:Mazda MX-30 – An electric car for the environment…. and the driver

他の欧州各国は、MX-30の投入予定を2020年後半と発表していますが、こちらに「英国は2021年」と書かれています。
英国は右ハンドル仕様なので、少し遅れるのかもしれませんね。
となると、同じ右ハンドルである日本も2021年頃にはこのBEV仕様の「MX-30」が発売されるのかもしれません。
そうなってくると販売店の充電器などの設備設置を急がなければなりませんねぇ。

今まで「MX-30」の名前に違和感がありました。
これで大分スッキリしました。
藤原副社長も「マツダは挑戦し続けるメーカー」と仰っていました。
そういう会社、大好きです。
これからも応援したいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました