スポンサーリンク

すぐ忘れるマツダ車の数値を記録しておく(X専用マフラー&センターディスプレイ編)

マツダ全般
スポンサーリンク

気になったことを調べていると、調べただけで満足してしまいます。

ある日、「あれ?なんだっけ」となるのでメモしておくことにします。

今回は、SKYACTIV-X搭載モデル専用装備である「大径マフラー」と新世代マツダコネクトの「センターディスプレイ」の寸法についてです。

注意:海外仕様で調べているため、国内仕様と同じとは限りません。

SKYACTIV-X専用大径マフラー直径

→ 90 mm

数値の情報元は、マツダフランスのCX-30より

画像引用元:Demander une brochure | Mazda FR

センターディスプレイの対角線長さ

▼センターディスプレイ
22.4 cm(8.8インチ)

▼エアコン操作タッチパネル(MX-30)
17.8 cm(7インチ)

数値の情報元は、マツダドイツのMX-30のカタログです。

画像引用元:Broschüre herunterladen

今回は「MX-30」の数値を掲載していますが、他の新世代マツダコネクト(MAZDA3、CX-30)と同じ数値となっています(極まれに、他国では22.3 cmと表記される場合あり)

また、MX-30から採用された「タッチパネル式エアコン操作パネル」は、初代マツダコネクトと同サイズのディスプレイとなっております。
(初代から流用したのでしょうか?)

終わりに

以上です。
いつも必要なときに「なんだっけ?」となるので、まとめておきました。
今後、他の数値などが追記される可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました