スポンサーリンク

マツダ、「第2世代ディーゼルエンジン」を2021年以降に導入予定、第3世代ガソリンエンジンは2025年頃

マツダ関連

マツダの新世代が幕を開けました。

第2ステップとなる「新世代ディーゼルエンジン」が2021年以降に導入すると報じられています。

情報元:マツダ、新型DEを21年以降導入 低燃費で販売増図る | 地方経済 | 中国新聞デジタル

 

情報元は「中國新聞デジタル」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 新型ディーゼルエンジンは、2021年以降に導入
  • 新型ディーゼルエンジンは、SKYACTIV-Xを上回る燃費
  • 直列6気筒の大型ディーゼルエンジンを用意する計画
  • 22年度から順次導入されるラージ群に導入
  • ガソリンエンジンは2025年以降に第3世代へ
  • 第3世代ガソリンエンジンは新型ディーゼルの燃費を上回る

マツダのラージ群に搭載予定の「新世代ディーゼルエンジン」の情報が出てきました。どうやら、ラージ群の発売に合わせて「2021年」以降に導入されるようです。

SKYACTIV-Xよりも上回る燃費で、さらに6気筒とかなり凄いことになりそうですねぇ。以前の計画では今年あたりに発表されていたはずでしたが、導入時期が延期されてしまっていま。
ここは我慢して期待したいところです。

タイトルとURLをコピーしました