スポンサーリンク

マツダ新型EV「MX-30」の内装を改めてよく見てみる(ヴィンテージ内装など色々編)

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

改めて内装についてをよく見てみます。

2020年秋に欧州で発売予定のMX-30ですが、まだまだ謎多きモデルです。
もう一度、各国の公式ページなどを見直してみたいと思います。

まずは「ヴィンテージ内装」についてです。
マツダオランダのMX-30紹介ページに、珍しくヴィンテージ内装が室外で撮影されている画像が公開されていました。

画像引用元:Mazda | De nieuwe Mazda MX-30

外で撮影したものだと、他の画像と比べると新鮮ですねぇ。
赤いレザー部分が非常に”ヴィンテージ感”を出しており、非常にお洒落。
センターアームレストなど、ぱっと見はこじゃれた家具のようですねぇ。
ただ、ドア部分のプラスチック再生素材に関しては、色合いはモダン内装と同じのようです。窓ガラス開閉スイッチ付近部分がヴィンテージなレザーになっています。
ヴィンテージにしろなんにしろ、MX-30って内装のつくりは非常に豪華ですよねぇ。触れるところは大体何かしらの専用素材になっていそう。

次に「ドリンクホルダー」についてです。
以前から追いかけているMX-30のこの部分、オランダのカタログにはドリンクホルダーの内部がわかる写真(右下)が掲載されていました。

画像引用元:7567_mazda20mx-3020prijslijst20maart202020-v2.pdf

コルクが表面に張られている蓋を開けると円形の穴が存在します。その円形には、MAZDA3やCX-30のドリンクホルダーのような構造になっているのを確認することが出来ました。これでこの部分がドリンクホルダーということは確定しました(東京モーターショーの説明員の方…)
という事は、センターアームレストの下はセンターコンソールボックスと同じ扱いなのかもしれません。

次にMX-30の売りの一つ「コンセントで充電」です。
同じくオランダのカタログに写真(右下)が掲載されています。

画像引用元:7567_mazda20mx-3020prijslijst20maart202020-v2.pdf

ノートパソコンを充電している写真です。
流石にノートパソコンを下の収納場所に入れることは出来なさそうですね。iPadなどのタブレット系は入るのでしょうか?そこら辺が気になるところです。
ノートパソコンのような大きなものは基本的に助手席に置いてという感じのようですねぇ。

最後に「床下構造」についてです。
2019年に欧州で開催された「2019 Mazda European Technology & Design Forum」にて、MX-30の床下構造についての説明がありました。

画像引用元:MAZDA

新世代の車体構造に対して床下の青い部分が追加されているそうです。
MX-30では床下にバッテリーが搭載されており、重量配分もほぼ50:50とロードスターと同じような配分になっているので、MAZDA3とCX-30とはまた違う新しい乗り味が期待できそうです。

以上です。
収納に関しては色々とあって便利そうですが、センターコンソールの寸法などが気になりますねぇ。まだまだ分からないことだらけです。
はやく実車レビューをみてみたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました