スポンサーリンク

マツダ創立100周年特別記念車「MAZDA2 & MAZDA3」のお見積もりをしてみる。

マツダ関連

2020年、マツダは創立100周年を迎えました。

今回は、個人的に100周年特別記念車をお見積もりしてみます。

情報元:マツダ|カンタン見積り|ご購入サポート

情報元は、マツダ公式の「カンタン見積もり」です。
先日発表された「100周年特別記念車」が追加されていました。

今回追加が確認されているのは、「MAZDA2」と「MAZDA3」でした。

せっかくなので、欲望の赴くままにお見積もりしてみたいと思います。

当たり前ですが、100周年特別記念車ではボディカラーやシートカラーは選択肢がありません。

画像引用元:マツダ|カンタン見積り|ご購入サポート

選択できるのは「スノーフレイクホワイトパールマイカ 100周年」と「レッド&ホワイトコントラスト」となっています。内装カラーは「バーガンディ」という名称ではないんですねぇ。

さて、本題の欲望赴くままなお見積もりです。
まずは「MAZDA2」です。

画像引用元:マツダ|カンタン見積り|ご購入サポート

MAZDA2は、ディーゼルエンジンのAWD仕様を選択。
アクセサリを色々と追加したので、お値段なんと「332万円」
MAZDA2で300万円となると、CX-5などが選択肢に入ってきそうですねぇ。
ただ、それだけ特別感あふれる装備となっています。

  • CD/DVDプレーヤー、地上デジタルTVチューナー(フルセグ)、シャークフィンアンテナ(ラジオ用)
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)
  • レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付](AT車)
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)(MT車)

MRCCなどが装備されているので、後々後悔するということはなさそうですねぇ。

次に「MAZDA3」です。

画像引用元:マツダ|カンタン見積り|ご購入サポート

なぜか、ハッチバックの1.5L ガソリンモデルは追加されていませんでした。
これはセダンモデルの1.5Lガソリンモデルが近々登場ということなので、同時に追加されるのかもしれません。
2020年商品改良の布石?「MAZDA2 100周年特別記念車」ではキーデザインが新世代へ変更される。

さてお値段です。
せっかくなので、SKYACTIV-X搭載モデルを選択しました。
すると、なんと「500万円」に到達してしまいました。
これは純正アクセサリ「SIGNATURE STYLE」などの装備を追加したことが要因の一つです。それでも、500万を超えるのはすごいですねぇ。

MAZDA3の100周年特別記念車で搭載される装備は以下の通り。

– 15S 100周年特別記念車には、ベース車に対して特別装備の他に以下の装備が追加されます。
・クルージング&トラフィック・サポート(CTS)
・ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ(運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能
(シート位置/アクティブ・ドライビング・ディスプレイ/ドアミラー角度)、リバース連動ドアミラー機能、
ステアリングヒーター、運転席&助手席シートヒーター)
・360°セーフティパッケージ(360°ビューモニター、ドライバーモニタリング)
・ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー
・レザーシート(パーフォレーションレザー)
・交通標識認識システム(TSR)
・前側方接近車両検知(FCTA)*FCTA:FrontCrossTrafficAlert
・アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
・ヘッドランプ/リアコンビランプ内ユニット内シグネチャーLEDランプ
・デイタイム・ランニング・ライト(DRL)
・ステアリングシフトスイッチ(AT車)
・自動防眩ルームミラー(フレームレス)
・自動防眩ドアミラー機能(運転席側)
・LEDマップランプ(リア)
・プラチナサテン加飾(シフトリング/エンジンスタートスイッチリング/ステアリングホーンパッドリング/グローブボックスノブ)
・ドアトリム(合成皮革)
・リッド付フロントカップホルダー×2
・グローブボックス内植毛加工
– 20S 100周年特別記念車、 XD 100周年特別記念車、 X 100周年特別記念車には、ベース車に対して特別装備の他に以下の装備が追加されます。
・CD/DVDプレーヤー、地上デジタルTVチューナー(フルセグ)
・スーパーUVカットガラス(フロントドア)+IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)
・360°セーフティパッケージ(360°ビューモニター、ドライバーモニタリング)
・ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー

引用元:MAZDA NEWSROOMマツダ、「100周年特別記念車」の予約受注を開始|ニュースリリース

かなりの充実装備です。
15Sに関してもかなりの装備構成となるようですが、これも2020年商品改良への布石なのか100周年特別記念車限定なのかが気になるところです。

以上です。
100周年特別記念車はそれなりのお値段するんですねぇ。
ただ、これは長い間乗れる車に仕上がっているようです。
一生モノとして購入する人が多いのかもしれませんねぇ。
それにしても、2020年商品改良との関係性が気になります。
どうなるのか、楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました