スポンサーリンク

「MAZDA3 15S 100周年特別記念車」のお見積もりをしてみる。

マツダ関連

2020年、マツダは創立100周年を迎えました。

そんなマツダは100周年特別記念車を発表しています。
MAZDA3 SEDAN の1.5Lガソリンエンジン搭載モデルをお見積もりしてみたいと思います。

前回:マツダ、新型MAZDA3 セダンモデルに「1.5Lガソリンエンジン搭載モデル」追加を正式発表

前回、マツダはMAZDA3 セダンモデルの1.5Lガソリンエンジン搭載モデルを正式発表し、発売を開始しました。それに伴い、マツダ公式ページ内の「カンタンお見積もり」でも「15S 100周年特別記念車」が追加されています。

というわけで、今回もお見積もりしてみたいと思います。
MAZDA3 SEDANの100周年特別記念車のベース車は以下の通り。

グレード:15S Touring
価格(税込):2,315,989円(2WD)、2,552,489円(4WD)

上記のグレードをベースにして、さらに以下の装備が追加されています。

  • クルージング&トラフィック・サポート(CTS)
  • ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ(運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能(シート位置/アクティブ・ドライビング・ディスプレイ/ドアミラー角度)、リバース連動ドアミラー機能、ステアリングヒーター、運転席&助手席シートヒーター)
  • 360°セーフティパッケージ(360°ビューモニター、ドライバーモニタリング)
  • ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー
  • 交通標識認識システム(TSR)
  • 前側方接近車両検知(FCTA)
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
  • ヘッドランプ/リアコンビランプ内ユニット内シグネチャーLEDランプ
  • デイタイム・ランニング・ライト(DRL)
  • ステアリングシフトスイッチ
  • 自動防眩ルームミラー(フレームレス)
  • 自動防眩ドアミラー機能(運転席側)
  • LEDマップランプ(リア)
  • プラチナサテン加飾(シフトリング/エンジンスタートスイッチリング/ステアリングホーンパッドリング/グローブボックスノブ)
  • ドアトリム(合成皮革)
  • リッド付フロントカップホルダー×2
  • グローブボックス内植毛加工

まさに「100周年」にふさわしい装備となっています。
さて、気になるお見積もり結果です。

画像引用元:MAZDA

今回選択したのは「MAZDA3 15S 100周年特別記念車(2WD)」です。アクセサリは「ナンバープレートホルダー」「プレートロックボルト」「ETC」「ナビSDカード」「アクリルバイザー」「車検証」を選択しています。

お見積もり結果は「3,249,638円」でした。
1.5Lでも300万円を超えてきました。
ただ、これでも100周年特別記念車の中ではお手頃価格なんですよねぇ。

ちなみに通常グレード「20S L Package」も同じような構成でお見積もりしてみると、以下のようになりました。

画像引用元:MAZDA

お値段は約335万円となりました。
15Sの100周年特別記念車とほぼ同じ金額となりました。

こうしてみると、現段階ではエンジンさえ気にしなければ、15S 100周年特別記念車を購入した方が同じ値段で特別感を味わえそうですねぇ。

ちなみに、車両本体価格(税込)を比較すると以下の通り。

2WDのみ 車両本体価格 差額
15S 100周年 2,893,869 0
20S L Package 2,698,055 195,814
15S Touring 2,315,989 577,880

通常グレードの「15S Touring」と比べても約60万弱です。
それでテンコ盛りの装備(特にCTSなど)が追加されているのは、非常に大きなメリットとなっていますねぇ。

これは今からマツダ車を購入しようとしてる方にとっては、非常に嬉しい悩みが出てきている気がします。

マツダの100周年。
まだまだ本格的にお祝いできていませんが、これから少しずつでもお祝いしていきたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました