スポンサーリンク

【グランツーリスモSPORT】「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を撮影してみる。

マツダ関連

マツダの夢であるロータリースポーツカー「RX-VISION GT3 CONCEPT」

ゲームの世界で実現されました。
今回は、さっそくゲーム内で色々と撮影したいと思います。

前回:北米マツダが「RX-VISION GT3 CONCEPT」のデビューを発表

前回、マツダ本体もこのPS4用ソフト「グランツーリスモSPORT」でのデビューすることとなった「RX-VISION GT3 COCEPT」をニュースリリースで発表しています。

そして、正式にアップデートが完了して実装されたので写真撮影モードにて、色々と撮影してみたいと思います。

撮影場所は「関東マツダ」の販売店です。

ゲーム内で実装された「RX-VISION GT3 CONCEPT」の外装カラーは「ソウルレッドクリスタル」と「ポリメタルグレーメタリック」の2種類が用意されていました。

ポリメタルグレーメタリックが思いの外似合っています。
これはかなりかっこいい。
そして、ソウルレッドクリスタルは本当に芸術的な美しさですねぇ。ゲーム内でも忠実に再現されており、マツダ特有の「光の移ろい」もしっかりと表現されていました。

これはすごい。
ゲームで好きなだけ眺めることができるのは最高です。
これだけのためにPS4とゲームを買う価値はあると思いますねぇ。

そして、個人的に驚いたのが「ウインカー」です。

フロントは「溝」部分、リアではウイング端部分がウインカーとして機能していました。この部分がそうだったんですねぇ。

これは個人的な勝手な感想ですが、リアウイングが元々装備されている可変式のだったら最高だなとおもいましたが、今回のはGT3仕様なので難しいのかもしれません。

最後に「厳島神社」で撮影です。

これは見るだけでも最高、走らせても最高です。
私の場合、写真撮影だけで何時間でも遊べそうですねぇ。

これはぜひともプレイしていただきたい。
今、PS4本体が手に入りにくい状態ですが、これは探す価値があるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました