スポンサーリンク

Chromiumベースの新「Edge」を試す(マツダWebカタログ問題編)

マツダ関連

2020年1月、マイクロソフトはChromiumベースの新「Edge」正式版をリリースしました。

今回はその新「Edge」を試すとともに、マツダのWebカタログ問題についてを書き記します。

情報元:Chromium ベースの新しい Microsoft Edge をダウンロードする

2020年1月15日にリリースされた新「Edge」
色々な問題がありましたが、日本でも徐々に各々のPCに更新通知が来ているようで、私のメインPCにも更新のお知らせが届きました。

せっかくなので、試してみました。
Chromiumベースというだけに、ほぼ「Google chrome」と同じようなつくりになっており、元々chromeユーザーだった私からするとあまり新鮮味はありませんでした。

ただ、ここで大きな問題が発生しています。
マツダが公式ページで公開している「Webカタログ」なんですが、公開当初から何故か私の「Google chrome」では表示が出来ないんです。

画像:マツダ|ウェブカタログ閲覧|ご購入サポート

「ブックデータ読み込み中」という画面が延々と表示されるのみで、一切カタログが表示されることはありません。様々な機能を無効化したりと色々と試してもダメで諦め、旧「Edge」で表示するという対策をとっていたんですが、今回の更新で「chrome」と同じ仕様となったために、「Edge」でも表示することはできなくなりました。

この「Edge」の存在理由について疑問符が出てきてしまいますが、少しばかり面倒なことになってしまいました。最近のchromeは更新するたびにPDFなどの表示が出来なくなったりと少し不便をしていたので、旧Edgeに戻したい欲がでてきたり。

世の中って謎が多いですよね。

タイトルとURLをコピーしました