スポンサーリンク

マツダオーストラリア、「SKYACTIV-X」を8月にMAZDA3、9月からCX-30に導入を発表

マツダ関連

マツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X」

オーストラリアでも正式に導入の発表がされました。

情報元1:Mazda SKYACTIV-X M Hybrid available in Australia

情報元2:New Mazda 3 and CX-30 2020 SkyActiv-X pricing and specs detailed: The premium you’ll pay for Mazda’s groundbreaking engine tech – Car News | CarsGuide

情報元は、マツダオーストラリアのニュースリリースと「CarsGuide」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 2.0Lガソリンエンジン(132kW/224Nm)とM Hybridを搭載
  • MAZDA3は「X20 Astina」グレードを新設、MT&ATを設定
  • 価格は40,590ドル(約302万円)から
  • CX-30は、「X20 Astina」グレードを新設、AT(AWD)のみ
  • 価格は46,490ドル(約346万円)
  • MAZDA3は8月、CX-30は9月に導入

ついにオーストラリアでも「SKYACTIV-X」が導入されます。まずはMAZDA3が8月に投入されるということだそうですが、こちらはATとMTの両方が設定されているのは意外でした。そして、逆にCX-30では4輪駆動のATのみしか設定されていないそうです。

価格も300万円台ということで、日本同様に高級グレード設定は変わりなさそうですので、欧州覗く地域ではこういった販売方法がとられるのかもしれません。

ついに欧州以外でも登場する「SKYACTIV-X」
どれだけ人気を集めるのかが楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました