スポンサーリンク

2021 CX-9の「10.25インチセンターディスプレイ」を実車で想像してみる

マツダ関連

第6世代に搭載される「新世代マツダコネクト」

2021年モデルに搭載されると噂されている「10.25インチ」のディスプレイがどんな感じで搭載されるかを想像してみます。

前回:2021 CX-9に搭載される「新世代マツダコネクト」についておさらいする。

前回、2021年モデルのCX-9についておさらいしました。

そこで思いついたのは、新型ディスプレイは実車だとどうなるのか?です。まだ実車が画像が公開されていないので、2020年モデルを利用して想像してみたいと思います。

まずは2020年モデルの9インチです。

画像引用元:MAZDA USA

これはこれでかなり大きいですよね。
CX-8などに搭載された「8インチ」でさえ、大きく感じたのでそれ以上です。

さて「10.25インチ」です。
こちらは取扱説明書に線画がありました。

画像引用元:MAZDA USA

こちらを参考に想像してみました。

編集前画像引用元:MAZDA USA

大きさは正確な寸法がわからないので、適当です。
大体こんな感じかなぁ?と思いながら作成してみました。

従来のディスプレイを基準に助手席側に伸ばしているので、かなり右寄りに感じてしまうんですが、実際の車両ではどのような工夫がされているのか気になります。それと思ったのが、クルマに搭載されるディスプレイって「横長」の方が良いですね。見やすさもそうですし、見栄えもこちらの方がスマートなような気がします。

実際の車両はどうのような感じになるのでしょうか。
これは妄想が膨らみますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました