スポンサーリンク

マツダカナダも「2021 CX-30」を発表、北米では「スマートカーゴシステム」は追加されず

マツダ関連

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

カナダでも2021年モデルが登場しました。

情報元:2021 Mazda CX-30: The Adventure Ahead – Jul 21, 2020

情報元は、マツダカナダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 2021 CX-30を来月から発売開始を発表
  • ベースグレード「GX」に、オートヘッドライトや雨感知ワイパー、Apple CarPlay /  AndroidAuto、ABSM、RCTAなどを標準装備
  • 「GS」にはSKYACTIV-G 2.5を搭載

価格は以下の通り。
(カッコ内はカナダドルを円に換算)

Front-Wheel Drive

i-Activ All-Wheel Drive

GX

$24,550(約195万円)

$26,050(約207万円)

GS

$27,350(約217万円)

$28,850(約229万円)

GS Luxury Package

$30,750(約244万円)

GT

$33,850(約269万円)

カナダでも2021年モデルが発表されました。
以外なのが、北米地域では「スマートカーゴシステム」が追加されることはありませんでした。

「スマートカーゴシステム」について
CX-30の「Smart Cargo System」の取扱説明書が公開されていました。

こちらのシステムは欧州限定なのか、それとも日本では2020年改良モデルで投入されるのかが非常に気になるところです。

また、カナダモデルでも外装や内装などの変更などはなく、標準装備の拡充がおこなれています。2021年モデルは新世代商品というよりも「第6世代が第7世代に追い付く」ことがメインとなっているようですねぇ。

海外では100周年特別記念車などの発売も控えているので、今後のマツダの売れ行きが楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました