スポンサーリンク

MAZDA6に10.25インチセンターディスプレイが搭載されたら「エンジンスタートスイッチ」はどこへ行くのか

マツダ関連

マツダのフラグシップモデル「MAZDA6」

今回は、もし現行MAZDA6に2021 CX-9に搭載される「10.25インチセンターディスプレイ」が搭載されたらどうなるのかという想像のお話です。

前回:「2021 MAZDA6(北米仕様)」には新世代マツダコネクトの記載なし

前回、2021 MAZDA6の取扱説明書では残念ながら「第6世代搭載型マツダコネクト」の記載を確認することが出来ませんでした。

現時点で確認できているのは「CX-5」と「CX-9」という結果になったわけですが、まだまだ土壇場で変更される可能性もありえます。その時に備えて、もしMAZDA6に「10.25インチ」が搭載された場合はどうなるのかをイメージしてみました。

編集前元画像引用元:MAZDA USA

簡単ですが、少し編集してみました。
画像下のディスプレイの大きさは正確なサイズではありませんので、注意が必要です。

10.25インチとなると上下左右に広がっていくので、恐らくですが、画像上にあるような場所の「エンジンスタートスイッチ」の場所が変更されるのではないでしょうか?そうなってくると、エアコン操作パネル横辺りに設置されるのかもしれません。

ただそうなると、元々スイッチが取り付けらえるように少々の改良をしなければならず、なんだかんだで色々な内装の改良が必要となるのかもしれませんねぇ。そう考えると、CX-5/9の場合は元々のディスプレイ場所だけを変更すればいいので、今回先行で実装されたのかもしれないと思ったりもできます。

今回はただの想像ですが、MAZDA6はフルモデルチェンジ前に新世代マツダコネクトの実装はされるのか、それともこのまま一気にフルモデルチェンジしてしまうのか、どうなっていくのか気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました