スポンサーリンク

MX-30(マイルドハイブリッドモデル)は日本のみなのかどうか

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

日本では「e-SKYACTIV-G 2.0」が搭載されたモデルが一般販売されますが、他の国々では投入されるかについてです。

情報元:New Mazda MX-30 2021: Mild hybrid version with 2.0-litre SkyActiv-G petrol engine launches – Car News | CarsGuide

情報元は「CarsGuide」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 日本ではマイルドハイブリッドモデルのMX-30が投入される
  • マツダオーストラリアのDoak氏曰く「オーストラリアの首都では電気自動車が最大の環境効果をもたらす」と述べた
  • CX-30は年末にSKYACTIV-Xが投入される
  • MX-30がオーストラリアに投入されるかはまだ不明

先日発表された日本仕様「MX-30(マイルドハイブリッドモデル)」について書かれた記事ですが、オーストラリアに投入されるかということを考察している内容となっています。

マツダオーストラリア的には首都近辺では「電気自動車」が良いと判断していることから、欧州での考え方「街乗りはMX-30、遠出するときはディーゼル」というのが採用される可能性は高そうですねぇ。

そう考えると、オーストラリアでもEVモデルが投入されそうです。ただ、EVモデルが投入されない理由については「販売店整備が整っていない」や「EV用バッテリーの調達困難」などの様々な要因があることから、必ずしもマルチソリューションだけが理由というわけではないのかもしれません。

情報元では「e-SKYACTIV-G搭載モデルは日本のみ」と予想していますが、バッテリーの調達などが難しい状況が続く場合は他国でもこのモデルが投入される可能性もありそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました