スポンサーリンク

新型「BT-50」の開発に関するお話

マツダ関連

マツダの新世代ピックアップトラック「BT-50」

オーストラリアで今秋発売が開始されますが、そんな「BT-50」のいすゞ側からの開発に関するお話です。

情報元:Isuzu didn’t need Mazda to build new D-Max 2021 – Car News | CarsGuide

情報元は「CarsGuide」です。
こちらにはいすゞの方々が、D-MAXとBT-50の開発に関するお話が掲載さ入れていました。

  • マツダとの提携は、ブランドの生産台数を増やすだけ
  • なので、新型D-MAXの開発・設計は「いすゞ」が行った
  • 両者の違いは、フロントデザインといくらかのインテリアデザインが異なるだけで、車両全体に違いはない
  • オーストラリアでの新型BT-50は、フルラインナップになる予定
  • 新型BT-50に搭載されている9院tにマルチメディアスクリーンはいすゞ製

新型BT-50とD-MAXの開発に関するお話が出てきました。
新型BT-50が正式発表された際にも「D-MAXはいすゞが単独で開発した」という話が出ていましたが、それを再確認することが出来ましたねぇ。

ほとんどがいすゞ製ということで、マツダコネクトなどは搭載されていませんが、D-MAX自体が非常に高性能&多機能なので、むしろ贅沢な車両を供給してもらったのかもしれません。デザインだけはマツダらしさがでているのでちょうど棲み分けもできますし。

オーストラリアではD-MAXが9月、BT-50は10月から販売が開始されるようなので、これは両方ともに人気が出ると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました