スポンサーリンク

ポーランドにおける2020年モデル「CX-5、MAZDA6、MX-5」の改良内容について(MX-5には100周年記念仕様車も)

マツダ関連

マツダの新時代が幕を開けました。
欧州でも2020年モデルについての発表が行われています。
今回は、ポーランドの2020年モデルについてです。

情報元:Unowocześniona gama bestsellerów Mazdy na 2020 rok

情報元は、マツダポーランドのニュースリリースです。
こちらには、2020年に迎えるマツダの100周年と2020年モデルの改良内容などが書かれていました。
概要はこんな感じです。

  • 2020年はマツダにとって大切な年になる
  • 1月初めに新たなCO2規制が開始される
  • その規制に備えて、CX-5とMAZDA6、そしてMX-5にも変更を加える

100周年はとてもおめでたいですね。
ただ、欧州の環境規制はますます厳しくなるようです。
そして、2020年モデルについては「CX-5」「MAZDA6」「MX-5」についてが掲載されていました。

CX-5

  • 生産は2020年3月
  • 販売は2020年5月
  • SKYACTIV-G 2.0(MT)に「気筒休止システム」を採用
  • センターディスプレイは8インチ化
  • 新たな遮音素材を追加により、遮音性向上
  • 室内ランプはLEDに変更

MAZDA6

  • 2020年1月1日から価格変更
  • 165馬力と194馬力のSKYACTIV-G
  • 184馬力のSKYACTIV-D
  • 様々な安全装備(ナビ、フロントガラス投射型ADD、LEDヘッドライト、MRCCなど)が標準パッケージ化

MX-5

  • SKYACTIV-G(184HP)
  • ブランドの100周年を記念して「ジュピリーバージョン”100”」の2つのバージョンを用意
  • 赤内装、17インチBBS鍛造アルミホイール、ピアノブラックのサイドミラー
  • RFでは「Twin Toneルーフ 」
  • 新外装色「ポリメタルグレーメタリック」を追加

 

以上です。
基本的には、どの車種も他国の改良内容と同じですね。
ただ、MX-5(日本名:ロードスター)だけは少し異なっており、100周年記念仕様車が登場するようです。
中身は2019年商品改良ロードスターと似ていますが、専用バッジなどが装着されそうなので、実物が楽しみですねぇ。
日本でも100周年記念する特別仕様が登場するのでしょうか?
来年が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました