スポンサーリンク

「URBAN DRESSER」はどのモデルの特別仕様車になるのか。

マツダ関連

今回はマツダ車の特別仕様車について考えてみたいと思います。

前回:マツダ、「WHITE COMFORT」と「URBAN DRESSER」という名称を商標登録していた

以前、マツダが2つの商標を登録していたことを知りました。
そのうちの一つである「WHITE COMFORT」は、先日「MAZDA2」の特別仕様車として発表されました。

マツダ、MAZDA2特別仕様車「White Comfort」をニュースリリースで正式発表

そして、残すは「URBAN DRESSER」のみとなります。
そもそもこの商標が特別仕様車の名称なのかどうかも怪しいところではありますが、今回の記事では「特別仕様車の名称」という前提で話を進めていきます。

現在のマツダの特別仕様車は以下の通り。

画像引用元:MAZDA

売れ筋の「CX-5」で2種類、そして家族での仕様を主とする「MAZDA2」や「CX-8」にそれぞれ1種類設定されています(100周年特別記念車は別枠扱い)

少し前までは「CX-3」にも「Exclusive Mods」という特別仕様車が設定されていましたが、現在では最上位グレードとして扱いが変更されています。

さて、「URBAN DRESSER」はどのモデルになるのか。
MAZDA3やCX-30は登場したばかりですし、これ以上第6世代との扱いの差を拡げてしまうと色々と販売面で苦労しそう。ROADSTERはこの前まで「SILVER TOP」がありましたしねぇ。

個人的には「MAZDA2」ではないかと以前から思っていました。
過去の特別仕様車「Urban Stylish Mode」というものもありましたし。

画像引用元:MAZDA

最近のマツダはポップな感じのデザインがないので、少しでもこういった特別仕様車などで登場すると面白そうですが、デザインに関しての統一が厳しいので難しそうです。

と、ここまで「MAZDA2」だと考えていましたが、意外と大穴で「CX-3」なんじゃないかなという考えも強くなってきました。

最近では1.5Lガソリンエンジン搭載モデルを追加、他にもキーデザイン変更や新世代フォントの採用などの商品改良が施されていますし、最近のSUVブームにあやかるためにもコンパクトSUV「CX-3」が最適なのではないでしょうか。

せっかく1.5Lガソリンエンジンを搭載したことによって価格が抑えられましたし。

ということで、私は「MAZDA2」か「CX-3」の可能性が高いのではないかと考えました。はたしてこの考えは当たっているのか、マツダの発表を楽しみに待つことにします。

タイトルとURLをコピーしました