スポンサーリンク

CX-5/CX-9(北米仕様)に搭載されている「10.25インチセンターディスプレイ」の寸法を探る

マツダ関連

2021 CX-5/CX-9(北米仕様)に搭載された「10.25インチセンターディスプレイ」

今回は、センターディスプレイの寸法を探ります。

前回:2021年モデルの「CX-5/CX-9(北米仕様)」をよくみてみる(センターディスプレイ編)

前回、北米で発表された2021年モデルに搭載されている「10.25インチセンターディスプレイ」をよく見てみました。

そこで気になるのが「寸法」です。
現時点では正確な寸法というのはわかっていませんので、ここは初心に帰って過去にも行った「画像から推測する」ということをやってみたいと思います。

長さについては、「CX-5のエンジンスタートスイッチ」です。こちらの外径(リング含む)が約4cmなので、それを基準にしてみたいと思います。エンジンスタートスイッチの外径を赤矢印にして、公開されている画像のセンターディスプレイにそのまま当てはめています。

編集前元画像引用元:MAZDA USA

ここで注意が必要なのは、エンジンスタートスイッチとセンターディスプレイの位置(奥行)が同じではなく、また垂直になっているわけではないので、このまま計測した数値は絶対に正しい物ではありません。きわめて個人的な趣味としての計測となります。

ざっくばらんに計測すると縦が「約10cm」、幅が「23.5cm」という結果になりました。10.25インチということで画面外寸も大きくなったのではと思いますが、初代マツダコネクトはベゼル部分が多く、新世代ではベゼル部分が少なくなっているので、思ったほど外寸は大きくならなかったのかもしれません。

一応計ってみましたが、正直まだよくわかりませんね。
これは登場したら正確に計測してみたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました