スポンサーリンク

現行「CX-3」を2021 CX-9のフロントグリルに変更してみる

マツダ関連

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

北米の 2021CX-9で採用された新しいフロントグリルデザインを当てはめてみます。

 

現在、CX-3は第6世代のデザインのままとなっています。
それと同様に海外専売の「CX-9」も第6世代のままとなっており、さらにCX-3は以前の商品改良でCX-9に似たフロントグリルが採用されています。

そこで今回は、2021 CX-9のフロントグリルデザインをCX-3に採用したらどうなるのかという疑問を解決してみたいと思います。

編集前元画像引用元:MAZDA USA

左:通常モデル風
右:Carbon Edition風

本来、CX-9の横線は5本、CX-3は4本です。
今回の合成はCX-9のグリルをそのまま流用したので、5本となっていることをご容赦ください。本来よりも少し細くなってしまっているので印象が変わってしまうかもしれませんね。

それでも個人的にはなかなかかっこいいと思います。
ちょっとメカメカしくなっており、CX-3全体のデザインと案外あっていると思います。将来的にこういったカスタマイズをされる方が登場するかもしれませんねぇ。

CX-3とCX-9は第6世代の中でもかなり完成度が高く、現在でも大きなデザイン変更は行われていないので、このままフルモデルチェンジ(新世代移行)するのか、それとも一度6.5世代への移行を行うのか、まだまだ気になることが多いです。

個人的には両者がどのような方向性に進んでいくのかとても気になっています。特にCX-3はどうなっていくんでしょうかねぇ。

タイトルとURLをコピーしました